脇が黒ずまない脇のむだ毛処理方法

脇の黒ずみを美白

MENU

脇が黒ずまない脇のむだ毛処理方法

脇のむだ毛の自己処理で使う道具は、カミソリ、シェーバー、毛抜きなどがありますよね。

これらの道具は、費用も高くないですし、自分でサッとそれるので確かに楽ですよね。

でも、この方法だと脇に黒ずみができてしまうんです。

そう、ズバリ、脇の黒ずみの原因は自己処理に合ったんです。

脇のむだ毛を自己処理し続けると、皮膚がカミソリの刃などで傷つきますし、毛抜きで無理矢理毛を抜くと、毛穴が炎症を起こします。

それが刺激となって肌を守るためにメラニンが生成し、黒ずみができるんです。

ところで、できてしまった黒ずみには、美白クリームや保湿クリームを使うのが一番ですよ。

クリームで保湿することでターンオーバーを促し、黒ずみを徐々に綺麗にしていきます。
特に脇の黒ずみに高い効果と人気なのがピューレパールです。

では、そもそも脇が黒ずまないようにむだ毛を処理するにはどうしたら良いかというと、次の3つの方法がおすすめです。

1エステなどで脱毛する

脇の黒ずみは皮膚が傷つくためにできるので、皮膚を傷つけない脱毛がおすすめです。エステだと、フラッシュ式の脱毛器で照射するだけなので、肌を刃で傷める心配もなく、黒ずみを作る原因がなくなりますよね。

脇脱毛というとおすすめなのは「ミュゼプラチナムでの脇脱毛」です。

WEB限定のキャンペーン価格が特に格安です。

脱毛が完了するまで通い放題なのが嬉しいですよ。

2家庭用脱毛器を使って自分で脱毛する

ミュゼのような脱毛エステに通うのもおすすめですが、通う時間がない、通うのが面倒くさい…という場合におすすめなのが、「ケノン」です。

エステで使っているのと同じレベルのフラッシュ式脱毛器なので自分の好きな時間に自宅でケノンで脇も脱毛ができますよ。

脇脱毛だけでなく顔脱毛もVIO脱毛も簡単ですし、美顔器もついているのも人気です。
友人がすごくキレイになって喜んでいます

3毛を剃るのではなく抑毛する

最後に、コントロールジェルmeもおすすめしたいです。

コントロールジェルmeは、抑毛ジェルなので、むだ毛をそったり、むだ毛にレーザーを当てたりということはしません。

天然で抑毛効果のあるヒオウギエキスを配合しているので、徐々にむだ毛が細く、薄くなっていきます。

敏感肌で、エステやカミソリなどを使うとかぶれる!という人は、コントロールジェルmeで、むだ毛をうぶ毛に変えていって徐々に目立たなくさせていきたいです
ね。

他の脱毛処理の後の保湿剤代わりに使う方も多いです。保湿しながら抑毛してくれるので処理回数が減って、やがて処理しなくてよくなりますよ。

私もアトピーで敏感肌なので、コントロールジェルmeで、抑毛していましたが、50日後くらいから処理不要のツルすべ潤い肌になっています。

美白効果もあるので脇の黒ずみも消えてキレイになっていますよ。

脇脱毛だけでなく、顔にも保湿や美白もかねて化粧水代わりに使っています。
VIOラインにも腕や脚の抑毛にも向いています。

y

ピューレパールで脇の黒ずみも消える!

ピューレパールで脇の黒ずみもキレイに消える!と口コミでも人気です。
脇だけでなくビキニライン、乳首、二の腕、肘、膝など体のあちこちの黒ずみも改善します。
ピューレパール