脇の黒ずみを重曹やクエン酸で消す裏技

脇の黒ずみを美白

MENU

脇の黒ずみを重曹やクエン酸で消す裏技

気になる脇の黒ずみに、お掃除で使える重曹やクエン酸が良いという裏技をご存知でしたか?

鍋の焦げ付きやトイレの黒ずみに効果抜群の重曹やクエン酸を肌に使って大丈夫なの?と思われるでしょう。

でも意外と思ったよりも肌に優しくて、黒ずみも消えるんですよ。

重曹やクエン酸は、細かい粒子なので、毛穴に詰まった汚れをかき出して肌のターンオーバーを促し肌を再生させて綺麗にしてくれる「ピーリング」という効果があるのです。

そこで皮膚科医もおすすめする裏技というより正攻法の肌に優しい脇の黒ずみ改善の「ピーリング法」をご紹介します。

重曹を使う場合は、小さじ1くらいの重曹を手に取り、少しずつ水を加えていってペースト状にします。

これを脇の下にぬり、数分間パックします。

あとは洗い流せばOKです。

重曹は、食用のものを使うとより肌に安全で安心ですよ。

クエン酸を使う場合は、大さじ1のクエン酸、90mlの水をよくかきまぜてクエン酸水を作ります。

これを脇の下に塗って(手でもコットン使用でもOK)、5分放置します。

あとは水で洗い流せば終わりです。

これらのピーリングを週1回続けていきましょう。

即効性はありませんが、肌に負担がかからずに効果を実感できる方法です。

肌のターンオーバーは約28日周期ですので、最低1ヶ月は続けてみましょう。

はじめて肌に使う場合や、敏感肌の場合は、特に腕の内側などでパッチテストし、赤みがでないかを確認してからスタートすると安心です。

脇の黒ずみが気になる人は、重曹やクエン酸による肌にソフトなピーリングも試してみて下さい。

それでも、なかなかキレイにならない脇の黒ずみには、黒ずみを消して保湿する効果が高いと評判のピューレパールを塗るといいです。
脇だけでなくVIOラインの黒ずみや肘や膝、二の腕などの黒ずみにも効果があります。

ピューレパールで脇の黒ずみも消える!

ピューレパールで脇の黒ずみもキレイに消える!と口コミでも人気です。
脇だけでなくビキニライン、乳首、二の腕、肘、膝など体のあちこちの黒ずみも改善します。
ピューレパール